少年野球と子育て日記

プロ野球選手を目指して成長する親子物語

失敗からの気付きと発見

夜中必ず目を覚まして携帯で野球の関連情報収集をし、毎日寝不足の潤い戦士です。

情報があり過ぎて何を信じてやれば良いのかわからい状況ですが、息子に合ったものを試していくしかありません。

 

昨日は久しぶりにバッティングセンターへ行ってきました。普段はプラスチックボールとグラウンドが使用できる場合は戦士がマウンドから投げて打つ練習をしています。自宅のプラスチックボールはもちろん当たります。戦士がマウンドから普通に投げた球も結構当てて飛ばします。 さて昨日のバッティングセンターではどうだったか? 全く当たりません。面白いように空振り・・・。戦士も怒るどころか笑ってしまいました。(よほどの事がない限もう叱りません)おそらく25球×5は全く当たりませんでした。 さすがに本人もイライラしていたようで、表情が曇っていきました。

いつも使っているバットを自宅に忘れたのもあるかも知れません。車の中に隠してある来年使用予定のバットを使用したにしても、これほど当たらないとはビックリです。その後100円、200円と回数を積み・・・800円くらい使ったところぐらいから良い当たりが数発出るようになってきました。全部で1200円ほどかかりました(25球×12=300球)

やはり実践に近い形でボールを継続的に打つ事は大切ですねー。1ヵ月前は70キロ、80キロもある程度打てていたのは一旦リセットされた感じでしょうか。帰りの車では悔しくて涙を流しておりました。野球に本気だったから涙が出たんでしょう。

気持ちの面でも成長してます。空振りしたらバッタ―ボックス内で地面を何度も蹴り、悔しがっておりました(笑)初めて見た・・・。

f:id:juncdcjun7:20180913101126j:plain

 

その後自宅に戻ってトレーニングメニューを実施。

・縄跳び 200回

・ラダー

・シャドーを数十回

 

今回も投球フォームをスローで分析。一つ気になるところを発見しました。踏みだした左足がつま先から地面に着いている。これだと上手くブレーキをかけれますが体重移動がスムーズにできない。一方踵からなら体重移動がスムーズですが、ブレーキが上手くかからない。今回は踵から着地をしたところ身体の開きが少し抑えられてる!発見です。しかし調べると、母指球と踵の内側から着くのが良いそうですね。これは股関節の周りを鍛える事でスムーズにできるようになるとの事でした。早速今日もこれを実践していこうと思います。

分析するって楽しいですね。この分析が間違った方向に行かないようにしていこうと思います。

 

今日も晴れているので自宅近くのグラウンドに直行だ!

 

 

では

 

 


にほんブログ村