少年野球と子育て日記

プロ野球選手を目指して成長する親子物語

怒るの妨げ、怒らないの伸び。

どうも潤い戦士です。

いやー北海道も残暑ということで昨日今日は30℃です。少し夜も寝苦しいでございます。

 

昨日は予定通りの近くのグラウンドで練習する事ができました。

軽くノックの捕球はやはり球感覚が久しぶりなのか、様子見ながら恐る恐るって感じで動きもあまり良くありませんでした。

次にピッチング練習ですが、事前にキャッチボールで気を付ける事を確認しながらしていましたが、マウンドに立つと全くダメ。

すぐ練習打ち切りで帰ってきました。言った事をや確認した事、普段のシャドー練習の意味が全くなく、身体が覚えていないんですね。。

これには戦士も怒り心頭。やめちまえ!ってなりました。また怒ってしまい・・・。

 

さて自宅の前で気を取り直して、ピッチング練習を開始。そうやって初めから投げれよ!いい球投げてました。なぜマウンドに立つとできない。まだまだですね。そりゃまだファーボールだしまくるわな・・・。いや戦士がプレッシャーを与え過ぎなのかな・・・精神的にやられたら困るのであまり怒らない様にしようと思っておりますが、あまりの不甲斐なさに怒ってしまいます・・・。

 

以前、バッティングセンターで初めてお会いした方に息子のバッティングを見て頂き指導してもらった事があります。その最中で、【お父さん、あまり怒っちゃダメですよ】って言われました。成長を妨げるげるのでしょうかね?多分野球が嫌いになっちゃうと伸びないという事を言っていたのかも知れません。今考えればそうですね。あまり怒らないように気を付けます。怒ったら罰金という意識で我慢してみます。最近野球の練習後は怒り過ぎて具合が悪くなる事もあり、気が乗りません。これはダメなループですね。

ちょっと気を取り直さないと・・・

もしかしたら戦士が気付かないうちに成長を止めていたのかも知れませんね。反省します。

 

今日も晴れるのでグラウンド練習をしよう、絶対に怒らない 怒らない おこらない・・・