少年野球と子育て日記

プロ野球選手を目指して成長する親子物語

『じーっと待つ時間』

どうも潤い戦士です。しばらく更新していなくてすみません。最近チーム練習の中で息子のできない姿に腹を立ててしまう自分がいまして・・・。自分のコピーではない事は十分承知ですが、車の中でついつい怒ってしまいす。プレーに怒るのではなくて野球に対する姿勢や考え方! 他の人にプレーを見てなんで捕れるんだろう?なんで打てるんだろう?自分で見つけて実践する姿は見られず・・・。順番待ちで友達と遊んでいる。

最近、息子と二人の時間をとり「本当はなにがやりたいの?」と聞いた。父ちゃんが喜ぶ為に野球しているなら、そんなの野球じゃない。自分が好きで楽しく野球をできるなら続けなさい。と。息子はこう返す。「野球選手になりたい」と。保育園の卒園式に将来はプロ野球選手になりたい!と言い放ったのが父ちゃんに火をつけたきっかけだった。野球歴3年しかない自分が一生懸命時間を作り、トレーニングメニューを考え、アンテナを張り、最新の情報が入るようにいつも気を張ってきた。今はそれが正解かどうかわからない。すぐ結果を求めてしまう自分の性格がそう思わせているかも知れないが、少し長いスパンで見る事も大切だと改めて感じる反面、他のお友達の技術向上の速さが気になって仕方がない・・・。

息子との二人三脚。私自身も成長していきます。

少しの期待を込めて、ガンバレ自分。娘に何させようかな笑・・・